So-net無料ブログ作成
フィリピン レガスピ ブログトップ

レガスピ2日目 マヨン火山見参! [フィリピン レガスピ]

 レガスピ二日目
 朝は暑さで7時前に目を覚ます。エアコン付けっぱなしではやはりだめ。消すと寝苦しい。その按配が大事なんだけど、難しい。

 早速またマヨン火山を見に、ホテルの前に来たジープニーに適当に乗って行くことに。

 ダラガ行きだった。レガスピから、バスターミナルを通り、街道を走るとダラガという街に。途中、大学とか警察とか、ビコール州の公の建物の前を通って行った。

 ダラガの市街に到着したので、適当に降りた。バナナやさん。揚げバナナを作っていた。

daraga banana.jpg

 そこで、まずは朝食。ピーニャ=パイナップル丸ごと皮を剥いてくれたもの10ペソを買い、トロトロへ。マミーとポークアドボとご飯で計65ペソ。美味かったねえ。

breakfast in daraga.jpg

 その後、メインの道を外れ、小高い丘の方へ。そこからPhotoしていると、おばさんに声をかけられた。皆フレンドリーだからねえ。

daraga lady called me.jpg

     「マヨンかい?いつも雲に隠れているよ!笑」

って。ピンクのタンクトップのおばさんから。

mayon from daraga slope.jpg

 その後、住宅街に入ったけど、そこからの景色はだめ。
 元の小さな道に戻り、進んで行くと、フィリピンの国鉄の線路。もちろん廃線。

rail way in daraga.jpg

 さらに進むと、家畜を飼っているところからはキレイにPhotoできた。

mayon from ranch.jpg

mayon from daraga.jpg

 Photoして休憩してから、メイン道路に戻って、少し行くと、坂道が再び出でてきた。

daraga srope.jpg

 皆上っていくので、一緒に行くと、壮大なマヨン火山が見通せる場所に。

daraga church4.jpg

 丘の上は教会になっている。

daraga church5.jpg

 ダラガ教会。

daraga church2.jpg

daraga church.jpg

daraga church3.jpg

 観光バスで大挙して来ている人々が居た。ここで休憩。時折吹く風が気持ちいい。
 けど、暑!いや熱!

daraga flower.jpg

 丘から降り、歩いていると、まだ10時だけど、もうだめ。暑くて。

 そこで、またハロハロを注文。生き返るねえ。冷たくて美味しい!一気食い! 笑

halohalo daraga.jpg

 ダラガからレガスピへのジープニーを探し、レガスピで乗り慣れつつある特等席である助手席に乗った。

jeepny front seat.jpg

 そこからだと、楽ちんだし、Photoも出来る。

mayon from jeepny.jpg

mayon and fukuyama.jpg

 福山通運のトラックは今もたくさん、フィリピンで活躍してます! 笑

 レガスピに着き、ホテルに戻り、水シャワー。

 さらに、モールで涼んで休憩。かわいいShop girlがひとりでランチなので、声をかけて、暇つぶし!

shop girl in food court.jpg

 カティーさん!ありがとう!お邪魔しました。煮込みうどんのようなチャンポンのようなロミーをこの暑いのによくぞ食べていた。鼻の調子が悪いって言っていたけど。。。

 2時の飛行機でマニラに帰るので、12時にチェックアウト。

 トライシクルで、空港へ行くと言うと、トライの運転手からのご提案。

     「展望台のあるリニョン・ヒル(LIGNON HILL)へ行った?」
     「行っていない!」

と言うと、

     「行くべき!何時のフライト?」

という。そこで行って貰った。未だ時間はあるし。

mayon3.jpg

 レガスピ空港のすぐそばで、100mくらいの丘がLIGNON HILLという展望台になっている。
 丘の麓には、丘を登るためのバイクが待っている。バイクの後ろに乗せてもらって、丘を登り切る。タクシーか、このバイクじゃないと、登れないのだ。トライシクルじゃだめ。60ペソ=125円。 歩いても良いけど、暑くてしんどい! 笑

mayon2.jpg

 LIGNON HILLはmマヨン火山がきれいに見られる。絶景の場所。マヨン火山の反対には、レガスピの街が一望に出来る。
 さらに、ロープウエイというか?バンジーというか?そんなアトラクションもあるけど、平日のせいか?だれも乗ってなかった。係員もいなかったねえ。見えるケーブルがそのアトラクションのケーブル。これでずっと行けると良いけど、けっこうしょぼい!笑

Legazpi airport from hill.jpg

 レガスピ空港も丸見え。

legazpi city from hill.jpg

 レガスピ市街。右の茶色の大きな建物がパシフィックモール、隣が宿泊したホテル。5kmくらい先だ。

mayon.jpg

 壮大なマヨン火山。
 しかも今日は雲が切れて、勇姿を見せてくれていたねえ。あの山の裏側にも行ってみたいねえ。ぐるっと一周するビコール地方の旅はおもしろそう!また来たいね。

Legazpi from sky.jpg

 飛行機からのマヨン火山。

 マニラに戻りました!
 
 
 
 
 
 
サイト・リニューアル!ご注文が簡単になりましたよ! しかも、とってもお安くね!!
たばこ個人輸入代行: たばこエージェント123?
      こちらから、どうぞ! → http://tabacco123.com/
tabacco agent 123.jpg
こちらから、どうぞ! → http://tabacco123.com/
大人気のキャメルもあります!マルボロもね。他・・・も。ほか、いろいろお得ですよ!
初めての方でも、安心の、お試しパッケージも充実してます! ??
たばこ個人輸入代行: たばこエージェント123  たばこ個人輸入代行: たばこエージェント123 たばこ個人輸入代行:     

nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

マヨン火山を見に、ルソン島の南、ビコール地方のレガスピへ。 [フィリピン レガスピ]

 戦争中、兵隊さん達にルソン富士と言われていたマヨン火山を見に、ルソン島の南、ビコール地方のレガスピへ行ってきた。
 
 わずか1泊2日だけど、結論としては、また、2泊3日くらいで、マヨン火山をぐるりって見に行きたくなったなぁ。レガスピだけじゃなく、タバコ他にも行ってね。今度また来たい!って思ったね。

 パサイのnetworld HOTELからNAIA3へタクシーで。メーター動かしてくれれば100ペソもかからない。200円しない!とにかく安いんだけど、客待ちしているタクシーはぼるんだよねえ。

 レガスピへは1時間弱のフライトだ。かつてはフィリピンの国鉄も走っていて15時間くらいかかっていたという。今は廃線。バスで8--10時間くらいだそうだ。でも飛行機が良いよ。片道3000円程度だしね。


 レガスピに着くと、残念ながら雲が多くて、マヨン火山は雲の中。

mayon from airport.jpg

 アンヘレスの別荘に、メモリーカードを忘れていたようで、8GBをまずモールで購入。日本と一緒の値段だった。撮影の準備をして、まずは街をちょっと散策。でもくそ暑くてだめだ。

mayon from town.jpg
しかも、この黄色の円の中のように、
またもやローパスフィルターに汚れ。泣 (T_T)
折角はるばるマヨンを撮りに来たのに!!!

 暑くてしんどいので、街の中のモールへ。名前は忘れたけど、古い方。昔の日本の地方百貨店のような感じだ。49ペソ=100円ぽっきりのランチセットを食す。パイナップルジュース付きのとんかつセットだ。右のボールは追加したシュリンプボール10ペソ。やっぱこれだけじゃ足りないね。身体の小さいピノイには満足出来るかな?

49php lunch.jpg

 トライシクルにお願いして、マヨン火山をPhotoするのに良い場所へ!ってことで、連れて行って貰ったのが、ビーチ。そんなにキレイじゃないけど、ね。

legazpi sea.jpg

mayon from sea4.jpg

 雲いっぱい。暑いから、海水がどんどん吸い上げられて雲が出来ているんだろう。それが、右側の海から雲ががんがん吹いてくる!風が強いので、雲の切れ間をずっと待っていた。

mayon from sea3.jpg

 漸く山頂が見える。噴煙が上がっているねえ。

mayon from sea2.jpg

 マヨン火山は、海風が強くて、雲の流れが強いので、雲が切れるのをずっと待っていて、Photoしてきた。


 さらに歩いて、良い場所探して、Photoしてきた。

mayon from sea.jpg

 ジープニーで通った橋の上からのマヨンがなかなか。見通しが良いからね。わざわざ降りて、歩いて川縁へ。

mayon from river.jpg

 橋の上から、川べりからだと、見通しが良くて良いね。

 途中で、ピーニャ!パイナップルのこと。1個の半分(縦に半分)で5ペソを購入して、喉を潤す。丁寧に皮を剥いてくれている。10円のデザートだ。甘くてジューシーですっごく美味い。

 でも、日差しが強いから、日陰でちょっと休憩。(^_^;)

pinya.jpg

 だから、カンだけを頼りに、ジープニーに乗って、あちこちへ。

 でも、疲れたので、結局ホテルの前のモールに戻って、クールダウン。

pacific mall2.jpg

 ホテルは、最大のモール=パシフィックモールの目の前の古いところ。1Fにはネットカフェがある。唯一空いていた部屋は650ペソのツインルームのみ。1350円くらいの部屋だ。

hotel legazpi3.jpg

hotel legazpi.jpg

hotel legazpi2.jpg

 エアコンはあるけど、部屋は汚い。窓などそんなものはもちろん無い。タオルもなし。コンセントもTV用のみ。外して携帯を充電!3階の部屋、エレベーターなど無論なしで、上っていくだけで、汗だく。温水シャワーはあるけど、レガスピはくそ暑くて、温水なんぞ使っていられない。水シャワーがこんなに気持ちが良いと言うことを実感。ひゃー気持ち良い!

 タオルがないと、幾度も水浴びするのに不便なので、目の前のモールに買いに行くと、バスタオルが99ペソ=200円。タグを見ると、大阪の電話番号と会社名。もちろん日本語だ。売れ残りがはるばるレガスピに来ていた。

 ついでに、自転車乗りの時にちょうど良い感じのビニールの財布を見つけた。55ペソの値札。110円くらい。小銭も無いので、1000ペソ札を出して購入すると、怪訝な表情。さらに値下げセール中で31ペソだった。65円の財布をゲット。安!その後滞在中はずっとこの財布を愛用!素晴らしいよう!!!安くて、丈夫で。笑
 
 モールは常に凄く混んでいる。庶民が涼んでいるからだ。

pacific mall.jpg

 でも、まだ暑いので、ハロハロを食した。内側から冷やさないとね。

    「混んでいて、オーダー制限をしている。30分くらい待つけどいいか?」

って・・・。うーん、当然、暇なので、涼みつつ待ちました!笑
 それほど、暑くて、胃の中から冷やさないと、身体がもたない。

 その後、夜までお昼寝。夕暮れのマヨン火山のPhotoはなし! 笑


 夜、少し気温が下がってきたので、散歩。

 レガスピの夜は早くて、8時にはモールはもちろん、商店は閉店して、真っ暗。

mammy shop legazpi.jpg

 でも、広場だけは、夜の屋台がたくさん出ていて、そこで仕事帰りの人が食事をしていた。

lugaw legazpi.jpg

 お粥やラーメン(マミー)、シューマイや肉まん、フライドチキン、トロトロ形式の店、ビーナッツ売りって感じの屋台だった。ビールの売っている店はなく、残念。

mammi in legazpi.jpg

 スペシアル・マミーと玉子ルガウを食した!うまかった。

 
 その後汗びっしょになるまでレガスピの街を歩き続け、帰りはジープニーで帰還。とても暗い夜道だったところもあって、帰れるか不安だったけどね。フィリピンの道は、袋小路が多いし。


 歩き疲れて、就寝。
 
 
 
 
 
サイト・リニューアル!ご注文が簡単になりましたよ! しかも、とってもお安くね!!
      こちらから、どうぞ! → http://tabacco123.com/ 
tabacco agent 123.jpg
こちらから、どうぞ! → http://tabacco123.com/
大人気のキャメルもあります!マルボロもね。他・・・も。ほか、いろいろお得ですよ!
初めての方でも、安心の、お試しパッケージも充実してます!       

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
フィリピン レガスピ ブログトップ
メッセージを送る