So-net無料ブログ作成
検索選択

すごい接客!2軒の眼鏡店にて [仕事]

 昨日、眼鏡を作りに眼鏡店へ行ってきた。モールの中のお店。
 数日前に眼科医へ行き、診断をしてもらい、眼鏡補正の提案を3つしてもらってきた。

gankai.jpg
ここが眼科。同じモールの中にある。

 その処方箋があるので、その通りに作ってもらおうと眼鏡店に持参した。先日は時間が無くて作れなかったのでね。


 まず、埼玉県で一番店舗数のあるお店の最新の店舗に行くと、がらがら。店員も居ない。奥の方で仕事をしているようだ。
 予算よりも安いので、こりゃいいや!と思って、フレームを選んで、購入を決めた。

 奥から40~50歳代の女性がようやく出てきて対応してくれた。そこからの接客がすごかった。
 すべてが嫌みか?と思えてしまうようなことばかり。
  • ここに座って待てといわれたけど、やっぱこっちへという。
  • ここにあごを乗せて!というも、乗せるところにずっと指を置いている。どうすりゃいいの?
  • かけてきた眼鏡をかけよ!というけど、これもずっと触っているし。なんで?
  • 医師からの処方箋もいっこうに写そうとはしないし。
  • 処方箋の内容も理解しているのかどうか?
これでは不安がいっぱいだ。
 眼鏡店の商売をと表現することもあるけど、半分は医者のようなものだから、しっかりと理解していてくれないと・・・、とっても不安だった。

 極めつけは、「これでも作っていいですか?」と前後関係からは訳のわからないこと???を突然言い出した。
 それに対して、不安が極まったおいらは、「じゃあ、作らなくていいです!」って返答し、別の店に行くことに決めた。
 「そんな意味じゃないです!」とかさらに意味不明のことを言っていたけど、どんな意味なんだ???脈略がない。
 
 そもそもこの女性の話し方には、敬語というものが無い。ため口ばかりだ。フレンドリーと思っているのか?でも失礼な言葉遣いにしか感じられない!なんで最初からこういう話し方をするのか?不信感が徐々に増幅していく話しぶりだと感じていっていた。

 今まで幾本も眼鏡をいろんなところで作っているけど、最悪な対応の数々、不安が過ぎりまくり。
 1つの店に決めようとも思うけど、そういうことが出来ず終いでいた。良いなあ!と思っていたお店は、閉店しているし。
 安心感のかけらもない接客だから、こんなところでお願いしても、目に遭わない眼鏡が出来るだけ、お金をどぶに捨てるだけと思わざるを得なかった。

 安かろう悪かろう、だめだめだなあ!の眼鏡店。これでも、80店舗以上も埼玉県内にある県内1番の眼鏡店というのだけれど・・・。


 気を取り直して、次は、同じモールの中の日本一の店舗数のお店へ。

 このチェーンの別のお店で作っているんだけど、ここはちょっと高めのお値段ということは知っていた。見ると、さすがの強気の価格設定も、昨今のデフレからか、安い商品も取り揃えている。さっきのお店よりもちょっと高いけど、質は良いのがはっきり分かった。予算内なので、ここで購入することに。

 元気そうなお姉さんが居たこともあり、ここなら良さそうかな?と思って、気に入ったフレームを選んでお願いすることにした。
 このチェーンの別のお店での顧客データがあるということで、検索してもらって、台帳を確認することから始まって、手際よく?進んでいった。

 しかし、フレームの番号と金額を注文書に記載してからというもの、レンズの選択のところから、記載は全く進まなくなった。

    「少々お待ちください!」の連発。

 ずっと待たされる。
 仕方ないので、カウンターの脇に合った補聴器のビデオ放映をずっと見て過ごした。笑 補聴器については本当によく分かったよ!。眼鏡を買いに来たのにね。笑 そのくらい、ずっと待たされた!

 時間が経つにつれて、分かってきたのは、彼女には眼鏡の知識が無い!ということだった。医者からの処方箋の意味も全く分かっていない。だからレンズの選択も出来ないということだった。

 だから、おいらを待せていることをようやく周囲が察知したようで、別の先輩らしきお姉さんがサポートを始めた。
 でも、このお姉さんも結論を言わない話し方。だらだらとなにやら説明、理由を言うけど、なにを言いたいのか?最後まで分からない???

    「結論は?」って催促しないと。

 そして、納期ということになると、再度パソコンに向かって、確認するということになったけど、全然遅い!納期だった。フィリピンに行くけど、それには間に合わない。
 別のメーカーのレンズでということで、納期確認すると、少し早まるけど、値段は倍以上になるという。これでは予算オーバーになるしねえ。
 ということで、納期がかかる方のレンズ=Nikonにして、3月の下旬に、帰国後に取りに来ることにした。

 合計金額の計算のところで、すごいことが起きた。

 大きな電卓を見せられ、「合計金額は・・・」って最初のお姉さんが言ったんだけど、電卓の画面は¥0。
 「おや?」って思っていると、そのお姉さんが、こちら側に向いている電卓を逆方向から打ち始めた。

     「フレームが8800円と・・・」
って。
 驚いたねえ。電卓のさ打ち。生まれて初めてみたね。

 わずか4行の計算だから、注文書を見せてくれれば、簡単に計算できる。それを一緒に逆さまの電卓を打って、計算をしましょう!って。なんじゃこれ???すごい!
 大学受験中に監視員の目を盗んで、19歳の予備校生が携帯電話で問題を打ち込みネットへ投稿するという秘技もあるようだから、電卓の逆さま打ちくらいもあるのかもしれない?けどね。

 再現をしてみたよ!こんな感じ。

sugoi sekkyaku.jpg

 思わず、
    
     「それじゃあ、ちゃんと計算出来ないだろうから、
     こうやって計算してから、合計した結果を見せて!」

って言ったよ。
 
 別の先輩らしきお姉さんもびっくりしたようで、平謝り。恥ずかしそう。

 ほかのことも再度チェックしなおして、再度合計計算。そのときは、最初のお姉さんが再度電卓を。
 すると、またもやさま電卓打ち!を始めた。(^o^)
 
 こいつは馬鹿だ!と確信したね。別の先輩お姉さんも今度は代わって電卓を取り上げて計算をし始めたねえ。やばい!と確信したからだろうね。笑
 
 最後は呆れて、「3月下旬に来るからちゃんと作っておいてね!」と言って帰ってきたけど、先輩のお姉さんは平身低頭だった。恥ずかしかったからだろうね。きっと。
 その後ろには、お馬鹿な逆さ打ちのお姉さんがよく分かっていないようなきょとんとした顔で立っていたけど。


 おいらも小売りサービスに関わる仕事をしているんだけど、うちのスタッフがこんな対応をしていないかどうか?非常に不安に感じてしまった。
 こんな、2軒のお店の、すごい接客をしているんじゃないのか?ってね。
 
 昨夜は、ちょうどミーティングがあったので、この話をしてみると、皆一様に驚いていたけど、こんなことになっていないかな?


 今、日本は不景気で、失業率も高くて、時のあほ総理は、1にも、2にも雇用だ!とか言っているけど、その前に、教育だろうねえ。訓練だろうねえ。産業の国際競争力の強化も必須。総理が分かってないからだめなんだけどね。最近はあほさが極まって、論評もしなくないくらいに諦めているけどね。

 電卓の使い方も知らないんだよ。接客の基本的な仕方も知らないんだよ。言葉遣いも知らないんだよ。商売以前の話ばかりさえも出来ないのが現実なんだよ。

 あほ総理は、赤坂周辺の高級料理店に愚妻(ほんとに)を連れて、会食に勤しんでいるということらしいけどね。新聞で読んだけど。

 まずは、教育と訓練をしてから、就職の門を叩かせないと、企業が困っちゃうよ
 企業側では、未教育者には門を閉ざすでしょうねえ。面接で落とす!だから雇用が増えないんだよ!大前提として、不景気だし、より良い人を厳選して採用するんだよ。
 でも、この眼鏡店には、良い人が来ないんだろうねえ?仕方なくか?間違ってか?新店舗を作ったから?人が足りないから?こういう人を採っちゃう???のかな?
 採った以上、教育・訓練をしっかりしないといけないけどさ。

 眼鏡店の場合、半医半商だから、当然教育訓練の難しさは大きいはず。時間もかかるでしょうけど、しっかりと知識を与え、経験もさせて、そのレベルを確認してから、仕事をさせないといけないねえ。その前に、商売の原点についても、しっかりと教えないといけないねえ。電卓の使い方からね。話し方からかな。でも、それは学校教育の仕事だと思うけど。


 日本の小売りサービス業の実態の一部を2店の眼鏡屋さんで垣間見たようだ。これでも、日本一のお店と埼玉県一のお店だからねえ。

mall food court.jpg
モールのフードコートね。ちゃんぽんは美味しかった!

 どうなっちゃうのかな?日本は。
 どんどんレベルが下がっているように思えてしまうのは私だけか?
 
 
 
 
 
 
 サイト・リニューアル!ご注文が簡単になりましたよ! しかも、とってもお安くね!!
tabacco agent 123.jpg
こちらから、どうぞ! → http://tabacco123.com/
大人気のキャメルもあります!マルボロもね。他・・・も。ほか、いろいろお得ですよ!
初めての方でも、安心の、お試しパッケージも充実してます!    

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ショッピング

nice! 0

コメント 1

通りすがり

面白く読ませていただきました。
私も過去、メガネ屋はロクなのが居ないという印象です。
自分が眼科医にでもなったという自己イメージがあるのか、そこいらの高卒のにーちゃん ねーちゃんまで勘違いしたプライドを持ってるように見えますね。
今、先ほど、大阪の某メガネ屋でメガネを買いましたが、タメ口、超上から目線の接客。
こちらは客なのに礼なんて絶対言わない。
そんなレベル。

参考までに、キーワードはシーズ、ミキ。
by 通りすがり (2015-06-27 13:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る